ビリオネアクラブとはオーガナイザー紹介

ビリオネアクラブ > ビリオネアクラブとは > オーガナイザー紹介

オーガナイザー紹介

KENICHI NAKAJIMA

平成19年に貯金600万からスタートし、いきなり地方の低利回り(9.4%RC)物件を購入するという大失敗を経験。どん底から逆転するために3万円で英会話スクール開業し黒字化に成功、売却。また、競売で格安での物件仕入れ等で現金を作り、2K×8世帯、利回り28%の物件を現金購入。そこからキャッシュフローを安定させ、各地に複数の物件を購入すると、全物件の平均利回り20%超えに達成し、大幅な資産増大を実現。近年では、フィリピンへ徒手空拳で乗り込み、フィリピン不動産投資に着手。全て現地で対応できる仕組みと人脈を確立、拡大中。リノベーションすら現地で施主支給を可能とし、現金で購入した3ユニットは賃貸運営に見事大成功。

得意技は低コストで費用対効果の高い美装工事、および競売等を利用したで低価格での物件購入。

中島健一のブログ 新着情報


KAZUHIKO SATO

メルマガ発行部数:約3万部(まぐまぐ不動産カテゴリー第2位)「自衛隊大家の毎日を休日に変える不動産投資戦略」
書籍:Amazonアパート・経営部門第1位
物件数:3棟23室 年間家賃収入は約1000万円強と規模は小さいが、1棟目については新築アパート(利回り9.9%)を購入し、2棟目(利回り27.5%)、3棟目(利回り33.2%)に関しては、高利回り中古アパートを現金で一括購入しているため、かなり健全な財務状態にある。

1975年生まれ、秋田県出身。秋田大学卒業後、2ヶ月間の警視庁勤務を経て、海上自衛隊へ入隊。2011年の東日本大震災では即刻任務に就き、復興活動に貢献。しかし、公務員の安定的な高給より、家族や自分の人生を優先するため、退職を決断。2011年にはその手段として不動産投資を開始。激務の中、独自の手法によりわずか2年で3棟のアパートオーナーとなり、家賃月収50万円以上の収益構造を確定させたのち、2013年3月に早期リタイアを果たした。家族は妻と子供一人。

佐藤一彦のブログ 新着情報


SUGITA TAKUYA

1973年、兵庫県生まれ。公立大学を卒業後、大和ハウス工業で土地活用とテナントリーシングの業務に従事し、不動産と建築に関する実務を経験。現在は大手電気メーカーに勤務しながら11棟78室のアパート・マンションを経営する現役サラリーマン大家であり、自ら提唱する分散投資手法に従い多角的な事業投資に乗り出す起業家でもある。現在はセミナー講師としても活躍中で、鋭い分析力とロジカルな語り口で多くの投資家の人気を集めている。

空室の多い地方高利回り不動産を購入して入居付けをし実際に高利回りで運用するという、いわゆる「石原式で買って尾嶋式で埋める」投資スタイルを実践している。『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)の著者。メルマガ読者4000人。

椙田拓也のブログ 新着情報


ビリオネアクラブとは メニュー