資産運用/投資情報

ゆっくり信頼の積重ね

100view 2018/01/27 国内不動産

ゆっくり信頼の積重ね

こんにちは、関東支部長の横田です。

先日、久しぶりに本気の買い付けを行いました。

場所は神奈川県某所。
築35年の軽量鉄骨。
バランス釜のボロアパート。

2割程度自己資金を入れて、
残りは融資の計画。

耐用年数超えのボロアパートの融資先と言えば・・・。

はい、お馴染みのノンバンク(笑)。
以前の私はコレ一択。

でも、大家歴9年目になり、

私にも少し変化の兆しが来ました。

他の物件でお付き合いのある信金さんにも一応持ち込んでみました。

築35年に対して15年ローン。
1000万円くらいを2%前半で如何でしょうか?

鼻くそみたいな融資で恐縮ですが、
私にとってはこれで十分。

それでも以前の私なら軽く門前払い。

運よく資料を受け取ってもらっても
「総合的判断で・・・」
と言われ却下がオチ。

耐用年数を超える新規融資は、
かつて東西ドイツを分断したベルリンの壁よりも高く強固な物でした。

ところが今回はあっさり複数行から快諾のお知らせ。
審査期間も数日のスピード回答。

いや〜、びっくりしました。

以前はそこそこ収入のある会社員でしたがその時は軽く足蹴。
土地値だろうが何だろうがダメ。

なのに、今や零細社長の私が購入するボロ家にはポンと1000万円。

何なんですかねこの差は?

前者の方が安定感ありそうにも見えますがそうでもないみたいです。

こんな私でも長年の実績で、少しは金融機関に信用されたのかな?

ノンバンクから借り換えてよかった〜。

本来融資を受けるとはこういう事なのかなと思っています。

コツコツ時間と実績を積み、信用の上で何とかご融資をして頂く。

でも、それはメンドクサイし時間がかかる。

そもそも最初は実績ゼロだから、
他の何かを差し出して意地でも借りるしかない。

会社員ステータスで4.5%銀行だったり、
高金利を受け入れてノンバンクだったり。

「リスクを取らなきゃリターン無し」

それは御もっとも。
借りられるとこから借りて、とにかく始めるしかありません。

始めなければ始まらない。

そう、そうなんですよ。
そうなんですけど・・・。

煽られてあわてて間違っちゃう人も多いから難しいですね。

程度の差はありますが、
最初の一歩はかなり強引に融資を受けているわけで、
リスク高めな状態のはず。

そもそも同じ方法がいつまでも続くわけがない。

違うループに移らなければドンドン首がしまっていく。

でも、慌てず慎重に、自分のペースでコツコツ実績を積んで行く。

結局はそれしかないのかなと思っています。
退場させられなければOKくらいの感じで。

ちなみに今回の物件ですが、実は購入できませんでした。

私の買い付けが2番手だったのです。

買いあがりとか、仲介手数料倍と言った
強引な手を使う事も少し頭をよぎりましたが、
お付き合いのある業者さんだったので止めときました。

そこまで深追いする物でも無いですし
冷静に、冷静に。

今回は縁がなかったという事で、
次のご縁を気長に待ちたいと思います。

慌てず、慎重に、ゆっくりと。

  1. 資産運用/投資情報

  2. 投資マインド
  3. 金融
  4. 海外不動産
  5. 国内不動産
  6. クラブ通信
  • 提供サービス

pagetop