資産運用/投資情報

ありがたい忠告

190view 2018/06/20 管理会社

ありがたい忠告

こんにちは、関東支部長の横田です。

先日退去後の原状回復が終わり、管理会社
さんに終了確認の報告に行ってきました。

正直な所今回の修繕内容は妥協が入ってお
り、完璧な状況とは言えません。

クロスの汚れがあちこちにあり、気になる
と言えば気になる水準。

床の掃除が終わったら余計に目立つように
なった気も・・・。

自分的には「ややOUT?」という感じで、
本当に最低限のギリギリ修繕を狙っていま
した。

ただ、同じ物件の別の部屋で、クロスの剥
がれや破れをセルフ修繕し、少々見た目が
悪いままでも部屋があっさり決まった実績
もあります。

それに比べるとちょっと悪いかもしれませ
んが、こんな部屋でも何とかいけるかな?

そんな中での管理会社さん訪問。

私)「修繕終わりました」

管)「あ、終わりました?」

私)「はい」

管)「すべて完了ですか?」

なんとなく奥歯にものが詰まったような
管理会社さんとのやり取り。

ピンときました。

私)「やっぱり部屋マズいですかねぇ」

管)「男性で気にしなければ・・・」

管理会社さんの目から見ても、今回の部屋
の出来はイマイチに映っていたようです。

実はこの物件、何故か女性受けが良く、
入居者の7割程度が社会人の若い女性。

これまでの実績を考えれば、次のメインタ
ーゲットも女性になる事が予想されます。

そんな中でのイマイチ汚いこのお部屋。

管理会社さんとしても、黙っていられなか
ったようです。

前回のセルフ修繕部屋、そして今回さらに
クオリティが下がった部屋に、我慢が出来
なかったのかもしれません。

真っ当なご指摘を頂き、私としてはむしろ
安心しました。

私と同じように感じ、ちゃんと部屋を見て
くれているのかと。

思えばこの管理会社さんくらいなものです。

私が物件に施した新しい設備やデザインに
ついて意見をくれるのは。

真面目に物件と向き合ってくれているのか
な。

管理会社さんから大家に対して意見をする
のは、やはり気を使うようです。

よほど酷い部屋でない限り、
「汚ねぇんだよ!!」
とは言えないものです。

部屋が長期間決まらず、大家が詰問をした
後に
「実はお部屋の状態がちょっと・・・」
みたいな感じでオズオズと言われるような。

耳の痛い話は聞きたくないですが、相手に
しても言いたく無いものですよね。

さて、この物件。
結局壁紙をすべて張りなおしました。

私は購入した4年前に壁紙をすべて張り替
えたと思い込んでおり、何とか今回はその
ままやり過ごしたいと考えました。

スケベ根性を出してしまったわけです。

しかしこれは私の勘違いでした。
購入当時、大部分の壁紙を温存し一部にア
クセントクロスを張って誤魔化した部屋だ
ったのです。

「イマイチだけど一回転してから張り替え
よう」

そういえば当時そんな風に考えた記憶も。
そりゃ薄汚れて張替時になるはずです。

先に確認しろよ俺!!

今回は管理会社さんの真っ当なご指摘のお
かげで、気持ち良くスパッと壁紙の張替に
踏み出せました。

やはり、言いにくい事を言ってくれる人は
大事です。

管理会社さんありがとう。

管理会社さんはビジネスパートナーです。

時には耳の痛い事もビシッと言ってくれた
方が大家も助かりますよね。

こんな管理会社さんとは、しっかりと付き
合っていきたいです。

 

  1. 資産運用/投資情報

  2. JNP 下田
  3. 中国支部 佐藤支部長
  4. 管理会社
  5. 不動産初心者 おみ
  6. 川崎大家
  7. 執筆者
  8. 投資マインド
  9. 金融
  10. 海外不動産
  11. 国内不動産
  12. クラブ通信
  • 提供サービス

pagetop