提供サービス

Services

知られざるフィリピン不動産&金融スタディツアー

知られざるフィリピン不動産&金融スタディツアー

世の中に「フィリピン不動産」を謳ったセミナーは沢山あり、毎日のように開催されています。豪華な会場でフィリピンのデベロッパーの幹部を招いて如何にも信頼できそうな環境下でのセミナーです。そういった類のセミナーではインフレ下でのキャピタルゲインや為替利益、数年後になる引き渡し後の家賃収入での3点勝ちを謳います。果たしてそれは実現可能なんでしょうか?

ちょっと冷静に考えてみましょう。豪華な会場で「非日常」を演出しても物件そのものの善し悪しには関係ありません。デベロッパーの幹部が来日していても全く関係ありません。皆さんは日本で不動産を購入するときには「物件そのもの」の立地や内装にかかるコスト、貸出賃料などをしっかりと計算してから購入すると思います。現地で実際に入居者付けしている不動産屋さんに確認もするでしょう。しかしながらこと「海外」となると日本では当然に行っていた「実務」を怠ります。「日本と違いキャピタルゲイン狙いだから」と思い込まされて需要の薄い不動産を購入してしまいます。そして引き渡し後に「内装が高い。。。」「内装に時間がかかりクオリティが低い。。。」「入居者が見つからない」などのトラブルが起こります。日本で発生しうる現象はフィリピン不動産においても起こります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょう?

購入者が先述のように「確認」を怠ったということもありますが、日本でフィリピン不動産を販売したり、現地ツアーをしている業者のほとんどがそもそも「不動産のプロ」ではないことや、「プレセール」と呼ばれる約3年後に引き渡しされる不動産を販売している業者ばかりなのでそもそも「現物不動産」をフィリピンにて扱った経験が圧倒的に不足しているのです。フィリピンにある既存の不動産屋さんは大概が「日本の不動産管理」を知りません。ですが、皆さんが販売者に「入居者付けや内装はできますか?」と質問してももっともらしく「できる理由」を沢山並べるでしょう。こうやってフィリピン不動産問題が日々生まれます。

今回のツアーでは現在でも「実際にコスパの極めて高い内装や入居者付け、賃貸管理」を日々実務として行っている現地会社 JNP real estate.inc ※jnpリンク にてフィリピンにおける「実需ある」不動産について学べます。代表の浅羽氏は日本でも賃貸事業者としての経験も長く、オーナー様目線での管理を実現しております。それだけではなく、実際にフィリピン不動産購入後の家賃収入の再投資先としてフィリピン現地でしか学べないまさに「目から鱗」の金融情報なども盛り沢山の内容で学ぶことが可能です。「日本の常識、世界の非常識」ならぬ「日本の非常識、世界の常識」という言葉通りの世界を「体験」すること間違いありません。皆さんも「日本の非常識、世界の常識」を是非ご体験ください。

知られざるフィリピン不動産&金融スタディツアー予定
7月14日~7月16日
8月18日~8月20日
9月8日~9月10日
10月13日~10月15日
11月10日~11月12日
12月8日~12月10日
ツアーのお申込みはこちら
  1. 提供サービス

  2. 学ぶ
  3. 参加する
  4. 投資する
  5. 相談する
  6. その他
  • 提供サービス

pagetop